低空飛コウ

NMB48とか乃木坂46とかいろいろ。

【感想】「ハルジオンが咲く頃」/乃木坂46

乃木坂46の14thシングル。
このシングルでの活動を最後に卒業する深川麻衣さんがセンターを務めています。Type-Aの深川さんが1人で写ってるジャケット写真が素晴らしい。卒業しても真っすぐ前を向いて進んでいく頼もしさを感じさせてくれます。

f:id:kaimu29:20160327035927j:plain


1.ハルジオンが咲く頃

卒業ソングだけどこんなに深川さんをイメージした歌詞になると思ってなくて。Mステで初披露したのを見たとき泣いてしまいました。深川さんの持つ優しさと何より強さを表した歌詞に力をもらえます。音はストリングスも入ってすごく豪華。もっとシンプルでもいいのかなと思ったりもしますが、とても爽やかでリズムや構成にこれまでとは違った要素が入っていて好きです。

MVは大正時代の歌劇団と現代の女子高が舞台。とても柔らかくて美しい映像で好きなんですが、結構いろんな要素が入ってて*1こちらももっと単純に胸にドーンとくるものでもよかったかもなぁ…なんて。とはいえ深川さんの最後の言葉には泣かされてしまいました。全体的にズルいMVです(笑)

MVで1番好きなのが「花の名前なんてそんなに知らないよ」の所の深川さんの表情。乃木坂ではあまりこんなに感情を出す振りってなかった気がするんですよね。歌番組ではカットされてしまうので残念なんですけど。いつ放送かわからないけど乃木坂46SHOWでようやく見れそうなので楽しみです。


乃木坂46 『ハルジオンが咲く頃』Short Ver.


2.遥かなるブータン

予想以上にものすごくタイトル通りブータンでした。曲の東洋を旅してる感すごい。歌唱メンバーにしっかりした声の子が多いからちゃんと世界観がつくられていていいですね。生田絵梨花さんの声の響きがほんと好き。


3.強がる蕾(Type-A収録)

深川麻衣さんのソロ曲。この曲だけ繰り返し繰り返し聴くぐらいすごく好きです。深川さんのかわいいけど意志の強い声。前向きに自分の希望を信じているような歌詞の表現もとてもいい。特に最後の「下り線のホームに降り立つ日まで意地をはって時刻表は見ない」という歌詞にとても深川さんを感じて、聴いた後の余韻がすごいです。

MVは絶対監督深川さんのこと好きでしょ!ってくらいに深川さんの魅力が詰まってて*2。いろんな人の背中を押してきた深川さんが最後見えない力に助けられて1歩踏み出すストーリーも、その瞬間世界が広がったように画面が広がる演出も、ラフな格好でゆるい部分を見せてくれるのも、深川さんの字から始まって深川さんの字で終わるのも、最後の一番深川さんを感じた歌詞を役ではない「深川麻衣」に戻った姿で歌わせるのも…もう本当に素晴らしかったです。


乃木坂46 『強がる蕾』Short Ver.


4.急斜面(Type-B収録)

白石麻衣さん、橋本奈々未さん、松村沙友理さんの3人で歌うすごく爽やかで聴き心地のいい曲。白石さんの声が強いですね。最後の「好きだ~!」はぎこちない感じがかわいい。歌詞は何となく乃木坂のことが好きな人を思わせるようなところがあります(笑)

MVでは3人がバンド練習してるんだけど、ストーリーも小道具もユーモアがあって面白いです。そして3人ともすごく自然な表情で楽しそうなのが印象的。


乃木坂46 『急斜面』Short Ver.


5.釣り堀(Type-C収録)

西野七瀬さんのソロ曲。またバラードかという感じはありますが、この曲好きです。西野さんの声がやっぱりたまらないというのもあるし、歌詞が今の自分に響いてちょっと楽になる感じ*3

歌詞に合わせながらきっちり独特の世界観を築いてるMVもとても好き!西野さんって何であんなにかわいいんだろう。仕草や表情の一つ一つがかわいらしくてズルいと思ってしまう。どこまで狙ってるのか分からないしね。特に好きな場面は最後バッチリおしゃれして釣り堀に現れるところとその服に似つかわしくない壊れたビニール傘を持って雨の中楽しそうにくるくる回るところ。すごく自由で開放感があってこっちまで笑顔になっちゃいます。


乃木坂46 『釣り堀』Short Ver.


6.不等号(Type-D収録)

アンダーメンバー曲。イントロからものすごくかっこいいです。ベースラインたまんない。アンダーメンバーは結構低くて太めの声の子が多いからこういう曲が映えますね。早くライブパフォーマンスが見たい!

MVはセンターの中元日芽香さんが切なさを醸し出しながらかわいくていいんですけど、曲を聴いて浮かんだイメージとは違ったかな。3列目の子がほとんど映ってないのもちょっと残念。


乃木坂46 『不等号』Short Ver.


7.憂鬱と風船ガム(通常盤収録)

収録曲の中で1番ポップな曲かな。明るくて歌詞的にも気持ちが軽くなりますね。歌唱メンバーはめずらしい組み合わせのような。声に芯がある子と声に特徴のある子が合わさっていい感じです。

ハルジオンが咲く頃(Type-A)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-A)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-B)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-B)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-C)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-C)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-D)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃(Type-D)(DVD付)

ハルジオンが咲く頃

ハルジオンが咲く頃

*1:乃木坂ちゃん達の百合とかたまらないんだけどさ。

*2:監督は真壁幸紀さん。深川さんも見て話題に出していた「ボクは坊さん。」という映画を撮られた方です。DVDになってるので見たいなぁ。

*3:恋愛のことじゃないけど(笑)

AKB48チーム8 全国ツアー ~47の素敵な街へ~ 新潟県公演

3月5日に行われたチーム8全国ツアー新潟公演(夜公演)に行ってきました。


チーム8新潟県代表の佐藤栞ちゃんが好きなので本当に行けてよかった。しかも運よくかなり前の方の席!NMBや乃木坂のライブとは雰囲気が違って戸惑うこともありましたが、メンバーみんな全力で楽しそうで誰を見てもうれしい気持ちになったし、何より最初から最後まで栞ちゃんが輝いていてすごく楽しかったです。

f:id:kaimu29:20160307014710j:plain
f:id:kaimu29:20160307014735j:plain


では、セットリストに触れた感想を。

続きを読む

「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」を観ました。

「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」を観てきました。

f:id:kaimu29:20160201034558j:plain


NMBのことを全く知らない監督の作品であることや完成披露試写会後の評判があまり良くなかったこともあって観る前はちょっと不安がありました。


でも舩橋淳監督のインタビュー
舞台裏のプロフェッショナル「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」舩橋淳監督 | HUSTLE PRESS
を読んで監督のメンバーに対する愛情や映画のスタンスを理解した上で観ることができたので、この映画に対して否定的にならずに済んだと思います。


客観的にNMB48を切り取ってはいるけれどあくまでもメンバーやスタッフ、ファンの気持ちに寄り添っていると感じたし、アイドルであることの辛さよりもNMBらしいメンバーの強さが印象に残る描き方が好きでした。アイドルとしての競争や自分と向き合わなければいけない精神的なキツさは描かれているけれど、AKBとかのドキュメンタリーのイメージでよくある身体的なキツさはほとんど描かれていなくて。幅広い人に見てもらいやすいと思います。


舞台挨拶でこの映画が香港国際映画祭に出品されることが発表されたのですが、映画のつくりを見ても最初からそれが想定されていたことが分かります。アイドルを知らない人が見ても日本におけるアイドルの世界が分かる、NMB48というグループの概要が分かる、そういう映画です。だから今までの48Gのドキュメンタリーと同じ括りで観ると「残念」という感想になるのかも。でもこの映画はNMBでなければならなかったとも感じます。確かにファンからすると知っている情報ばかりなので物足りない部分もあるのですが、ファンだからこそ知っているNMB48の魅力も映像の中にちゃんと散りばめられていたので、監督自身のNMB48の捉え方はずれていないと感じました。


だからこそこの映画をいろんな人に観てもらいたい!NMB48というグループに興味を持ってライブとかを見てもっと好きになってほしい!そこにはアイドルであるメンバーたちの輝きが詰まっていると自信をもっておすすめできます!



2015年公開予定 「DOCUMENTARY of NMB48」
NMB48のライブ映像がちょっと見れます。ドキュメンタリー映画がつくられるという告知映像なので公開された映画とはギャップがあるのですが…(笑) ザッとNMBの雰囲気がつかめるかと思います。


Must be now (限定盤Type-A)

Must be now (限定盤Type-A)

Must be now (限定盤Type-B)

Must be now (限定盤Type-B)

昨年発売されたシングルですが、特典DVDで映画にも出てくる昨年2月の日本武道館ライブが見れます。


では、ここからはネタバレも含みつつ感想を書きます。

続きを読む

GUM ROCK FES. IN 日本武道館

1月25日に行われたガムロックフェスに行ってきました。
目当ては乃木坂46深川麻衣さんの卒業発表を受けて、会いに行ける機会があるなら行かねば!と思ってチケットを取りました。チケットを取るのが遅かったので天空席でしたが、ほぼ正面だったし武道館はそこまで距離を感じないので見やすかったです。いろいろな出演者の方がいましたが、体感ではほぼ乃木坂ファンだったかなー(笑)
イベントは音楽と格闘技で対決するというコンセプト。対決が始まる前に司会の高橋大輔さん*1と主催プロデューサーのサイモン利根川さんが出てきたのですが、このサイモン利根川さんが胡散臭すぎて…。最後まで正体もこのイベントの方向性もよく分からずでちょっとモヤモヤしました(笑)

ROUND1 Silent Siren VS Thinking Dogs

最初は新進気鋭バンド対決でThinking Dogsのライブからスタート。昨年6月にデビューしたバンドとのことで初めて聴きましたが、みんなかっこよかったし、ボーカルのTSUBASAさんも歌がうまかったです。ただ会場がほぼアイドルファンだったのでMCや煽りのノリが違って大変だったんじゃないかなぁと思ったり。でもいい人なんだろうなということは伝わってきましたよ!
Silent Sirenは少し知っていましたが、しっかり曲を聴くのは初めて。あまり音響がよくなかったこともあり歌声は聴きづらかったのですが、バンドとしての音には迫力があって個人的にはThinking Dogsよりも好きでした。特にドラムのひなんちゅさんがすごくかっこよかった!途中からひなんちゅさんばっかり見てたよ。キーボードのゆかるんさんもマスコット的な役割をしててかわいかったです。もっと曲を聴いてみたいなと思いました。

ROUND2 しずちゃん VS スーパーササダンゴマシン

ラウンド2はプロレス対決かと思いきやプレゼン対決(笑) しずちゃんはもちろん知ってましたが、スーパーササダンゴマシンは全く知らず。まぁ、ササダンゴだから新潟の人なのかなと思っていたら、新潟でテレビに出てるマッスル坂井さんのもう一つの顔なんですね~。パワポを使った本格的なプレゼンはNGTやNegiccoを絡めて会場のアイドルファンの心もがっちりつかむ面白いものでした。よかったなぁ。しずちゃんはプレゼン自体はそれほど面白くなかったけど、セコンドのまちゃまちゃさんがうまく場を回してくれてましたね。 

ROUND3 HKT48 VS 乃木坂46

私にとってのメインイベント。会場のボルテージも一気に上がりました。まずはHKT48からのパフォーマンス。最新曲で勢いのある「しぇからしか!」からスタートして「桜、みんなで食べた」「ロックだよ、人生は…」と畳み掛けるような構成。指原莉乃さんの煽りやMCでの会場に乃木坂ファンの方が多いことをネタにしつつ味方に取り入れるような手法は素晴らしかったです。指原さんだけでなく、話を振られた他のメンバーもしっかりMCを盛り上げていていろいろな舞台を経験してちゃんと成長してるんだなと感じました。後半の「ウインクは3回」はすごくかわいいし、「メロンジュース」はやっぱりテンション上がるし、「12秒」は爽やかでどんどん好きになる曲…といろんなHKTを見せていたかなと思います。MCは短めで盛り上げることを重視したセットリストがとてもよかった!コラボとして乃木坂の「ダンケシェーン」を選曲したのも見事。あと、田中美久ちゃんが小さい体でキレッキレの大きいダンスをしていて好きになりました!

対する乃木坂46は「命は美しい」からスタート。HKTとは違った静かな熱さを見せつけて空気をガラリと変えることに成功していました。次に新たに乃木坂らしく盛り上がれる曲となった「ポピパッパパー」に「制服のマネキン」と続いてHKTにはない乃木坂の魅力で勝負する姿勢が見えてとても面白かったです。あと、「ポピパッパパー」の最後の方で曲が一旦止まってしまってメンバーも観客も少し戸惑う中、次の曲に移る時に頭の上で手拍子をして観客を盛り上げようとする衛藤美彩さんの姿が印象的でした。MCはHKTとの勝負に燃えているという割にはまったりしていて少し長く感じてしまったかな~と。深川麻衣さんのマリオカートヨッシーがバナナで滑るモノマネとかものすごくかわいかったし、秋元真夏さんのHKTのかわいらしさに対抗したズッキュンはさすがの度胸だったし…とか内容としては面白かったんですけどね。話のつなぎ方とか周りのリアクションとかが弱いのかな。でもその後の「君の名は希望」でまた見事に空気を掴んで、最後の「おいでシャンプー」はすごく盛り上がって楽しかったです。コラボとしてはHKTの「控えめI love you!」をやったのですが、乃木坂にはあまりないかわいらしい雰囲気の曲でも西野七瀬さんは完全に自分のものにしていて痺れたし、深川さんは天性のかわいらしさでばっちり曲にハマっていて年齢なんて関係ないなと思いました。

勝敗についてはそれまで一応観客にどっちがいいか聞いていたのに*2、いきなりじゃんけんで決めるという展開に。HKTからは宮脇咲良さん、乃木坂からは松村沙友理さんが代表で勝負。あいこが3回続いて予想外に緊張感に包まれる中、松村さんが指原さんに「何出したらいいですか?」と聞いて流れに変化をつけたのを見て、松村さんのバランス感覚は素晴らしいなと思いました。その後素直に言われたまま出して負けちゃうところも含めてよかった!松村さんのかわいらしさ全開でしたね。

ROUND4 長州力 VS 藤波辰爾

最後は約5年ぶりとなる因縁の対決。生でプロレスを見たのは初めてで試合展開はよく分からなかったのですが、遠くから見ても2人の身体の迫力がものすごかったです…!特に藤波辰爾さん!負けちゃったけどかっこよかったなぁ。
このプロレス対決は出演者全員で見守るという形だったのでちょっと不思議な光景でしたね。深川さんとかはちょっと怖がりながら見てたけど、衛藤さんはファイティングポーズを取りながら見ていてさすがでした(笑) 隣の西野さんも同じポーズ取ったりして意外と一緒に盛り上がって見てたのが面白かったです。


フィナーレではサインボールのプレゼントもあったのですが、深川さんは恒例の?五郎丸っぽいポーズをしてから投げ入れていてニヤニヤしたり。終始イベントを心から楽しんでいる様子が伝わってきて、とてもかわいかった!本当に行ってよかったです!これからも深川さんが出るイベントにはできる限り参加したいなぁ。

*1:乃木坂ライブでおなじみですね~。

*2:最終的にはサイモン利根川さんの独断でしたが。

2015年気になった人たち。

2016年になって1か月経っちゃいましたが、2015年に気になった人を自分用にまとめておきます。昨年は割と時間があったのでいろいろ見てたけど、女性ばっかりになりました(笑)

乃木坂46のメンバー。乃木坂をちゃんと見るまで全然知らなかったのですが、そのかわいさと優しさと芯の強さに惹かれて今では大好きな存在です。この前卒業発表をしたばかりで今かなり寂しい気持ち…。まだ卒業後どうするのか明言していないのですが、私は深川さんの演技を見て好きになったので、女優として活動を続けてくれるとうれしいなと思っています。また深川さんについては1つの記事にまとめるつもり。

AKB48の中でも一番新しくできたチーム。メンバーは各都道府県から1人ずつ選ばれた47人です。まだみんな若いのですが、各都道府県の代表というプライドを持ちながら素直に成長していて、最近のパフォーマンスは素晴らしいです。全力でありながら動きが洗練されてきていて見ていて気持ちがいい。特に新潟県代表の佐藤栞ちゃん兵庫県代表の山田菜々美ちゃんが好き。

  • 脇あかり

東京パフォーマンスドールのメンバー。たまたま「DREAMIN’」のMVを見ていて目にとまったのが脇さんでした。目力があって映像を支配するような存在感がすごい。雑誌の写真でもすごく良くて。今は特にやってないみたいだけど演技仕事を見てみたいです。

「表参道高校合唱部!」の番宣で音楽番組に出てる姿を見て一瞬で好きになりました。ドラマでの演技を見ても、とても明るいのに影を感じさせることができていてすごく良かった。インタビューも読みましたが、考え方がしっかりしていて、これからあまりブレることなく第一線で活躍できる人なんじゃないかなぁと思います。

  • 守殿愛生

朝ドラ「あさが来た」で宮崎あおいさん演じる「はつ」の子ども時代を演じていた子です。演技がうまくてすでに美しい雰囲気を持っていますね。あと、サカイ引越センターのCMの子と知ってより応援したくなりました。

  • 青木玄徳

乃木坂46生田絵梨花さんが主演していた「リボンの騎士」にブラッド役で出演されていて知った俳優さん。演技も歌も素晴らしかったのですが、パンフレットで写真を見たら思ってた以上に顔が整っていてすごくかっこいい!考え方も男らしい強い感じがしてとても好きです。舞台中心の俳優さんなのかなと思いますが、テレビとか映画でももっと見られるようになるとうれしいなぁ。

ヒロインをしていた「俺物語」の映画予告ではあまりピンと来なかったのですが、全国高校サッカーの応援マネージャーとして番組に出てる姿を見たらすごくキラキラしてて面白くてかわいかったんですよね。前髪変えたらもっとかわいくなりそう。これからが楽しみです。

  • 宮脇花綸

フェンシング選手。2年くらい前に何かで見て気になっていたのですが、この前の全日本選手権で準優勝していて。「2位」という結果にものすごく悔しがっている姿がとても印象的でした。まだ18歳。頭もいいみたいだし、オリンピックに向けて期待しています。

  • 髙橋ひかる

2014年の国民的美少女コンテストグランプリ。この前公開された映画「人生の約束」のCMで見て気になりました。映画の宣伝で番組に出ているのもいくつか見ましたが、14歳とは思えないほど堂々としっかり話していて頭の良さも感じました。これからどんどんきれいになるだろうし楽しみですね。

NMB48 5th Anniversary LIVE 3日目

10月22日のNMB48の5周年記念ライブ3日目に行ってきました。


座席はスタンドIの後方。見事にどんどん遠くなったな~。でも思ってたよりは見やすかったです。さすがにメンバーの顔とかは分からなかったので、スクリーンを見ている時間が3日間で一番長かったかな。

3日目の内容はNMB5年間の歴史を振り返りながらも未来への明るさを見せるものだったのかなと思います。最終日で観客は満員だし、ファンも楽しもうとする気持ちが強くてすごく盛り上がっていました。自分も普段そんなに声を出さないのですが、楽しまなきゃ損だ!と思って最初から声出してペンライト振ってすごく楽しかった!でも妙に序盤から何回も泣きそうになる自分もいて。なぜなのか不思議だったのですが、最後に門脇佳奈子さんの卒業発表があって何だか納得したのでした。かなきちらしい明るくて爽やかな発表の仕方。かなきちの夢をこれからも応援しています!

5周年記念ライブ3日間を通して、本当にNMB48というグループは最高だと思ったし、好きになってよかったと心から思いました。5年経っていろんな目標を達成していろんな境遇の人が増えて…ってなると「グループ」として進む方向を見失ってこれ以上何をすればいいのか分からなくなるのが普通なのかなと思うのですが、NMB48はそんな気配がない。グループ結成当初から彼女たちが見ている夢はそんな簡単に見失うような小さなものではないのだろうな。ずっと貪欲で新しい可能性を見せ続けてくれる。NMB48がつくる未来をこれからも一緒に見続けたいと思いました。


では、セットリストに触れた感想を〜。相変わらず長いです。

続きを読む

NMB48 5th Anniversary LIVE 2日目

NMB48の5周年記念ライブ2日目行ってきました!

 

今日はスタンドHで昨日と反対の位置。後ろ側ではあるけどセンターステージと西サブステージが見やすかったです。

今日の内容は前半1時間百合劇場というかなりの変化球。特にファンが集まる5周年記念ライブの2日目だからできたのかなと思います。際どい題材ではあるけれど、事前にどこかですることは告知していたし、木下百花さんの脚本も本人のキャラに合った配役、音楽要素の入れ方、ファンサービス…とすごく考えられていて1時間観ている者をしっかり惹きつける内容でした。周りの人の反応を見る限りではちゃんと受け入れられている気はしましたね。

メンバー主体で考えたこの内容にライブでやるGOサイン出せるNMB運営の柔軟さは素晴らしいと思うし、メンバーが(たぶんファンも)ちゃんと信頼されてるんだろうなと感じました。賛否両論あることなんて百も承知の上で考え抜いた企画を実行する勇気。たとえ批判の嵐だったとしてもこのステージをやるのとやらないのとでは雲泥の差があるわけで。NMBがこういう挑戦をしてくれたことが本当にうれしかったです。

はー、NMB楽しい。面白い。好きでいて本当によかった。

 

では、セットリストに触れた感想を〜。やっぱり長いです…。

続きを読む